ビューティ

「フジコ」や「ビーアイドル」を手掛けるかならぼからZ世代向けのメンズコスメがデビュー

 メイクアップブランド「フジコ」や吉田朱里がプロデュースする「ビーアイドル(B IDOL)」などを手掛けるかならぼから、Z世代の男子をターゲットにしたコスメブランド「メンコス(MENCOS)」が4月21日にデビューする。ウェブマガジン「エモミュー(Emo!miu)」との共同開発で、若年層の男性のファーストコスメブランドを目指す。
 
 デビュー製品は、日焼け止め効果を備えたファンデーション。UVカット効果に優れながらニキビや肌荒れも簡単に隠せるアイテムになっている。2色展開で、価格はそれぞれ1530円。製品の開発には「エモミュー」のモデルや読者、男子高校生、男子大学生1000人の意見を取り入れた。今後も男子が当たり前のようにコスメを使う時代を目指し、彼らの日常に馴染むコスメアイテムを販売する予定だ。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら