ファッション

【噂の美女連載】中条あやみの美やタフさの秘訣とは?

 「WWD JAPAN.com」が不定期でお送りする噂の美女インタビュー。今回は、雑誌「Seventeen(セブンティーン)」(集英社)の専属モデルとして活動するかたわら、NTTドコモのTVCMや映画出演など女優としても活躍中の、今をときめくイット・ガール・中条あやみ。そんな彼女がベストコスメ特集のミューズとして2015年12月24日発売の「WWDビューティ」表紙に初登場!表紙の撮影現場に潜入し、彼女に撮影の感想や美容について直撃した。

【インタビュー】“宇宙一かわいい”と評判の中条あやみが語る美容の秘訣"

WWDビューティ(以下、WWD):表紙の撮影はどうでしたか?

中条あやみ(以下、中条):モデルの仕事をするようになって「WWDビューティ」を知りましたが、「芸能のお仕事をしているからって出られる媒体ではない」というイメージでした。なので、出演できると聞いたときはうれしかったです。撮影中はいつもより人が多くて緊張しましたね。でも、だんだん気分が乗ってきて楽しかったです。

WWD:他紙の撮影を含め、早朝5時から21時まで撮影していたが、長時間の仕事を乗り切るコツは?

中条:「よく食べて、よく眠る」に限ります。8時間は睡眠時間をとるように気を付けていますね。食事は、我慢しないで食べたいものを食べる。なので、ストレスもたまりません。自分でもよく料理をするので、そのときは大好きな和食が多いですね。レパートリーが少しずつ増えていくのがうれしいです。

WWD:料理好きの中条さんがいま注目しているインナービューティは?

中条:酵素を意識して取り入れるようにしているので、酵素や栄養素を効果的に摂取できるローフードに注目しています。

WWD:モデルだけにとどまらず、CM、映画などにも引っ張りだこですが、貴重なお休みはどう過ごしていますか?

中条:演技の勉強や下準備として、映画館にはよく行きますね。あと、美術館巡りもよくしています。芸術に触れることで、表現力の幅を広げたいとも思っているので。

WWD:普段も今日のようなメイクで出かけることが多い?

中条:撮影のような濃いめのリップは普段付けないので、すごく新鮮でした。いつもはアイラインをブルーにしてみたりアイシャドウを変えたりなど色でメイクを楽しんでいます。撮影ではいろんな自分を表現でき、今回もいつもと違うメイクをお見せできてうれしいです。ありがとうございました!

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら