サステナビリティ

世界で最も持続可能な企業、7位にケリング

 世界経済フォーラムのオンラインイベント「ダボス・アジェンダ」で、サステナビリティやESG(環境・社会・企業統治)の格付けランキングとして知られる「グローバル100」が発表された。「グローバル100」はカナダ・トロントを拠点にするメディアの「コーポレート・ナイツ(Corporate Knights)」が、「世界で最も持続可能な100社」をランキング形式で発表するもの。

 アパレル企業でランクインしたのは2社で、トップはケリング(KERING)で全体の7位(前年23位)だった。次いで、アディダス(ADIDAS)が76位(前年55位)。

 21年は全体で8080社、アパレル&アクセサリー部門では143社を対象に、リソースマネジメント、従業員マネジメント、財務管理、クリーンな収益と投資、およびサプライヤーの実績等の24項目の重要業績評価指標(KPI)が分析され、評価された。 ケリングは、「環境パフォーマンス」「クリーンな収益」「クリーンな投資」の項目で産業内で最高位にランク付けされた。また、「サステナビリティ指標と連動の報酬制度」(Sustainability Pay Link)では、さらに高い評価が与えられ、サステナビリティ活動の推進に関連する役員報酬についてのベストプラクティスで100%を獲得した。

 そのほか、ビューティ企業でランクインしたのは、「イソップ(AESOP)」や「ザボディショップ(THE BODY SHOP)」などを傘下に持つナチュラ(NATURA & CO HOLDING)が42位(前年30位)、ユニリーバ(UNILIEVER)が79位(前年46位)だった。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら