ファッション

「バナナ・リパブリック」がサステナビリティで冨永愛を起用 動画を公開

 「バナナ・リパブリック(BANANA REPUBLIC)」は1月28日に、サステナビリティをテーマにしたキャンペーン動画を公開した。モデルの冨永愛を起用した。

 2021年春から環境に配慮したアイテムを強化し、企業としてよりサステナビリティに向けた活動を本格化することを表した動画だ。

 冨永愛が個人のサステナビリティへの意識、「バナナ・リパブリック」の活動に賛同した理由、アイテムの魅力などを語っている。

 「バナナ・リパブリック」のほか、「ギャップ(GAP)」や「オールドネイビー(OLD NAVY)」を擁するギャップ社は“商品の製造に携わる人々、環境に利益を還元すること”を企業理念に掲げている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら