コレクション

「コム デ ギャルソン・ジュンヤ ワタナベ マン」2016年春夏パリ・メンズ・コレクション

REPORT

民族模様のパッチワークで描くアフリカの旅

 コレクション会場に選んだのは、国立移民史博物館。世界各国の民族衣装に着想した渡辺淳弥は、数々のエスニックな模様を取り入れることによって、得意のパッチワークに新しい表情をミックスした。特に強くインスパイアを受けたのは、アフリカの伝統的なファブリック。自然を元に描かれているカラフルなモチーフを、さまざまな形に切り取った。

 大きなフラップポケットが付いたコンパクト丈のジャケットに、ショーツや9分丈パンツをコーディネートしたサファリルックが今季のベースになっている。ポンチョカラーパレットも、太陽や大地の色をイメージさせるベージュとテラコッタ。そこに「ジュンヤ」らしいデニムやブルーを差し込んだ。ボウタイをしめたトラッドなスタイルには、骨や石、フリンジなどがたっぷりついた民族独特の大振りのアクセサリーがアクセント。歩くたびにじゃらじゃらと揺れて存在感を放つ。

 パッチワークには、英国チェックやペイズリーとともにカラフルなアフリカンモチーフをハイブリッド。ジャケットにはシンメトリーに組み合わせて端正にまとめ、後半のシャツシリーズにはいびつに重ね合わせ独特の幾何学模様を描いた。ランダムな貼り合わせや、時折誇張した太ステッチのディテールが、民族衣装ならではのハンドクラフトの温かみを感じさせた。

LOOK

最新号紹介

WWD JAPAN

業界の垣根を超えたマッチング企画 あの企業、あの人へのラブレター

「WWDジャパン」9月28号は、「業界の垣根を越えたマッチング企画 あの企業、あの人へラブレター」特集です。「ONE WWD JAPAN」としてファッションとビューティを一つにすることを掲げる私たちは、両業界の懸け橋となるべく企画を実施。業界の垣根を越え、どんな企業や人と組みたいかを募ったところ、総勢33ものファッション&ビューティ業界人とブランドが、熱い思いを手紙や色紙で表現してくれました。新た…

詳細/購入はこちら