ビューティ

月額1万1000円でカット通い放題 理容室では珍しいサブスクサービスがスタート

 ビアバーを併設した理容室「フランクス バーバー(FRANK'S BARBER)」の日比谷店と人形町店では、業界内では珍しい理容室のサブスクリプションサービスを開始した。月額1万1000円でカット通い放題、そしてカット時にはクラフトビールが無料で飲めるという特典付きだ。

 サブスクサービスを始めた理由について、「日々の接客の中で、お客さまから『もっと小まめに髪を切りたい』『料金が気になるのでカットの頻度をセーブせざるを得ない』『月1回のカットでは美しいフェード(最短で0㎜のベリーショートの刈り上げ)を維持できない』という声を多数耳にした。そこで“バーバーショップをもっと自由に”をコンセプトに、“月に何度も通いたい理容室”を目指してサブスクサービスを開始した。特にフェードカットのような美しいスタイルを保つために、小まめなメンテナンスが必要な方におすすめのサービスとなっている」と担当者は話す。

 「フランクス バーバー」は“明日からかっこよく生きよう。”をコンセプトに掲げる理容室。スタイリストの柿坂宗一郎氏を中心に、メンズカット一本に手技を磨いてきた理容師が、男性のあらゆるヘアスタイルのニーズや悩みに対応する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。