ファッション

レザーパンツは“脱・ロック”が今季流 しなやかに着こなす新コーデ術

 冬に人気のレザーパンツ(合皮含む)は、革ならではのクールなつやめきが持ち味ですが、今季の新しいスタイリングは“脱・ロック”。強さや凜々しさを保ちながらも、しなやかに着こなす、ハードすぎないさじ加減がポイントです。

 ニットを合わせたり、写真のようにセットアップでまとったりと、コーディネートの選択肢はいっそう幅広くなってきました。上手なアレンジのコツは、異素材ミックスやワイドパンツ、ブラウン系のチョイスなど。今回は、ハードに見えない“脱・ロック”な着こなしを、ファッショニスタをお手本にチェックしてみました。

ふんわりニットでウエストのくびれを強調

 黒のレザーパンツにソフトな印象を添えるには、質感の違うニットの風合いが役に立ちます。

 クールなレザーパンツと合わせたのは、カラフルなモチーフを散らしたグラニーニット。裾をインしてウエスト周りをすっきり見せています。色も風合いも異なる上下のコンビネーションで、めりはりを強調。素材の“ずれ感”がこなれた着映えに導きました。

 2枚目の写真は“黒×白”の上下コントラストが鮮やかなコーデ。アイキャッチーな羽織り物を重ねると、レザーパンツのタフ感がやわらぎます。スレンダーなレザーパンツに、袖コンシャスのブルゾンを合わせて、ボリュームの好バランスを引き出しました。クロップド丈のブルゾンが脚長効果も発揮。こちらもニットトップスをインして、くびれ感を強めています。

ワイドパンツでリラックスした雰囲気に

 デイリーウエアとして定着してきたワイドパンツも、レザーを選べば鮮度がアップ。レザーならではのタフさが加わり、2021年流“意思の強い女”感を印象づけられそう。さらに、リラックスしたシルエットが意外な印象を導いてくれます。

 たっぷりと幅のある黒のレザーワイドパンツは堂々の迫力。そこにあえてデコルテが広く開いたセンシュアルなトップスを合わせることで、上下でムードをずらしています。肩周りと手首に添えたゴールドアクセサリーもフェミニンに寄せてくれます。

 2枚目の写真で着ているのは、裾がすぼまったジョッパーズ風のレザーパンツ。ゆったりしたシルエットがかえって細感を引き出すユニークなフォルムです。オーバーサイズのジャケットを羽織って、量感で遊ぶ演出。トレンドのスクエアトーがクールな足元を印象づけています。

ブラウン系の穏やかなトーンできれいめ

 黒のイメージが強いレザーパンツですが、近頃はカラーバリエーションが多彩に。おすすめはブラウン系。黒ほどクールすぎず、穏やかなトーンなので、手持ちのウエアとも合わせやすい色味です。

 バイカー風のレザーパンツも、ブラウン系を選べばやわらかい着映えに。膝でいったん絞ったシルエットは、レッグラインを長く美しく見せてくれます。マニッシュなパンツにふさわしく、端正なテーラードジャケットとも好相性。凛としたスタイリッシュなコーデに整えました。

 柄入りのレザーパンツは、冬の装いに動きを添えるキーアイテム。2枚目の写真は、主張が強めの難しいパイソン柄のレザーパンツをチェック柄コートと組み合わせることですっきりまとめました。クラシックなたたずまいが、パイソンのインパクトをトーンダウン。同じチェック柄のトップスとのコンビネーションで、全体を英国テイストにまとめ上げています。

 冬コーデはかさばって見えがちですが、レザーアイテムを投入するだけで、装い全体をすっきりと見せてくれます。ニットや布アウターで合わせれば、トレンドの異素材ミックスコーデが簡単に仕上がるのもうれしいところ。手持ちのアイテムを多彩にアレンジできるので、いつもの着こなしにマンネリ感を覚えたときは、レザーパンツを“ムードチェンジャー”として加えるといいかもしれません。

ファッションジャーナリスト・ファッションディレクター 宮田理江:
多彩なメディアでコレクショントレンド情報、着こなし解説、映画×ファッションまで幅広く発信。バイヤー、プレスなど業界での豊富な経験を生かし、自らのTV通版ブランドもプロデュース。TVやセミナー・イベント出演も多い

最新号紹介

WWD JAPAN

バーチャル空間に商機あり ファッションビジネスの可能性を探る

1月18日号は「バーチャル空間」特集です。世界最大級のストリートの祭典「コンプレックスコン」のデジタル版「コンプレックスランド」と世界最大級のバーチャルイベント「バーチャルマーケット5」を徹底取材。出展者や参加者が “体験”したことで分かった可能性や課題をまとめました。大型連載、サステナブル特集はステップ5として「認証」がテーマ。国際的な認証機関のお墨付きを得ることの重要性を説きます。ミニ特集では…

詳細/購入はこちら