ファッション

ピエール・カルダン氏が死去 ファッションデザイナー98歳

 ファッションデザイナーのピエール・カルダン(Pierre Cardin)氏が12月29日、死去した。98歳だった。彼のスポークスパーソンであるジャン・パスカル・ヘッセ(Jean-Pascal Hesse)によると同日早朝に老衰で亡くなったという。カルダン氏が最後に公の場に姿を見せたのは、9月21日にパリで行われた「ピエール・カルダン」の創業70周年記念イベントだった。

 カルダン氏は1922年イタリア生まれ。2歳でフランスに移住し、39年からヴィシーの仕立て屋で職業指導を受ける。45年にパリに移り、マダム・パカンやエルザ・スキャパレリ(Elsa Schiaparelli)のアトリエを経て、47年にクリスチャン・ディオール(Christian Dior)のアトリエの責任者になる。“ニュールック”としても知られる「ディオール(DIOR)」のアイコニックな “バー”ジャケットの制作にも携わった。その後、50年に自身のアトリエを構えて独立。演劇や映画の衣装を手掛け、53年に初のオートクチュール・コレクションを発表し、高い評価を得た。59年にはフランスオートクチュール協会のメンバーとして初めて、ウィメンズのプレタポルテ・コレクションを発表し、モードの民主化を実現。ライセンスビジネスにも積極的に取り組み、大きな成功を収めた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ストリートスナップで探る22年春夏の「売れるトレンド」/追悼:ヴァージル・アブロー

「WWDJAPAN」12月6日号は「2022年春夏リアルトレンド特集」。緊急事態宣言が明けて約2カ月がたち、都内の繁華街にもにぎわいが戻ってきました。ファッションは世相の写し鏡。世の中の20-30代の女性は今、どんな服装をしているのか?編集部は街に繰り出し、ストリートスナップを実施しました。裏表紙からは、急逝したヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)の追悼特集。「オフ-ホワイト c/o …

詳細/購入はこちら