ビューティ

ヘパリン類似物質配合製品が各社から相次いで登場 「ヒルドイド」との違いや特徴を解説

有料会員限定記事

 昨年から今年にかけて、ヘパリン類似物質を配合した商品が続々と登場している。同成分が注目されたのは、2017年ごろに処方薬(医療用医薬品)の血行促進・皮膚保湿剤「ヒルドイド」を美容目的で処方使用する人が増加し問題になったことも一因。化粧品各社はここにビジネスチャンスを見出し、ヘパリン類似物質を配合した商品を次々投入、一つのマーケットが出来上がりつつある。各社それぞれに特徴があり、売り上げも好調だ。同じ世界観の中でどう差別化しているのだろうか。(この記事はWWDジャパン2020年12月14日号からの抜粋に加筆しています)

 「ヒルドイド(成分名:ヘパリン類似物質)」はもともと、アトピー性皮膚炎患者や乳幼児などに対する保湿剤として処方されるが、約10年前からSNSを中心に“美容効果があり、3割負担で手に入る”として紹介されている実態があった。そこで厚生労働省が2016年度における「ヒルドイド」など患者が1回当たりの処方量を分析すると、ほとんどは一度に4本以下の処方だったが、中には一度に50本以上の大量処方もあったことから、問題は拡大。医療費を押し上げている上、海外では保湿剤を保険適用にしていない国も多いことから、18年には「ヒルドイド」を保険適用から外したり処方量に制限を設けたりするなどの規制も検討されたが、これは見送りに。それを機に、美容目的での処方は確実に減ることになった。

 こうした背景から、「ヒルドイド」と同成分である、保湿や血行促進などに優れた効果があるヘパリン類似物質に注目。各社はビジネスチャンスと捉え、ヘパリン類似物質配合商品を、処方箋がなくてもドラッグストアなどで購入できる市販薬(一般用医薬品、OTC医薬品)として登場させた。処方薬の「ヒルドイド」は当然効き目が強いことが特徴だが、一方で各社から登場している商品は化粧品として毎日使うことも前提としているため、ヘパリン類似物質に加え、心地よいテクスチャーにするための製剤や美容成分も配合されており、保湿プラスアルファの効果があるのが特徴だ。

この続きを読むには…
残り2363⽂字, 画像9枚

この記事は、有料会員(定期購読者)限定です。記事を購入することもできます。

¥100

記事を購入する

プランを選択

定期購読に申し込む

最新号紹介

WWD JAPAN

CEO特集2021 ファッション&ビューティ47社に聞く「2040年のビジョン」

1月25日号は「CEO特集2021」を大ボリュームの108ページでお届けします。毎年恒例の特集ですが、今回はファッション企業19社、ビューティ企業28社の経営トップが登場し、「2040年のビジョン」を語ります。リーダーたちは目の前のコロナ危機に対応しつつ、その先にある長期的な企業像をどう描くのか。ビジネス戦略はもちろん、日本を代表する有力企業のカルチャーや経営トップのキャラクターが垣間見ることがで…

詳細/購入はこちら