ビューティ

「セルジュ・ルタンス」から詩的な香りが2種登場

 メイクアップやヘア、写真、フレグランスの世界で活躍するマルチクリエイターのセルジュ・ルタンス(Serge Lutens)の自身の名を冠したブランドから、11月21日に2種の香水が登場する。11日には、銀座にある路面店で先行発売する。

 「コレクションノワール」の新作“フィスドゥジョワ”(50mL、1万3000円/100mL、2万円)はナイトジャスミンをメインに、イランイランやムスクを重ねた濃厚で官能的な香りを特徴とする。“フィスドゥジョワ”はフランス語で“娼婦”を意味する「フィーユドゥジョワ」にかけ、夜をほうふつとする刺激的で魅惑的な香りのストーリーだ。

 最高峰ライン「グラットシエル」からは、バレエダンサーの儚い美しさにオマージュを捧げた香り“プリリーズマンヴォートル”(100mL、3万2000円)が誕生。ウードやダマスクローズオイル、アトラスシダーなどのノートをブレンドし、華やかでありながら強さのある香りに仕上がっている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

経営者の皆さん、“脱炭素”を語れますか? 電力と水とファッションビジネス

6月21日号の「WWDJAPAN」は、サステナビリティを切り口に電力と水とファッションビジネスの関係を特集します。ファッションとビューティの仕事に携わる人の大部分はこれまで、水や電気はその存在を気にも留めてこなかったかもしれません。目には見えないからそれも当然。でもどちらも環境問題と密接だから、脱炭素経営を目指す企業にとってこれからは必須の知識です。本特集ではファッション&ビューティビジネスが電力…

詳細/購入はこちら