ビューティ

「ランコム」が香水の都、南仏グラースの農地を取得 香料植物の持続可能な栽培に取り組む

 「ランコム(LANCOME)」はこのほど、香水産業が盛んなフランス南部の都市グラースにある農園を買収した。農園内には4エーカーのエコサート有機栽培地と数百年の歴史を持つ段畑、蒸留所がある。今回の農地の買収は、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産にも登録されているグラースの香料植物の栽培と、精油抽出などの伝統的な香水技術の保護、香料用植物の持続可能な栽培を目的としたもの。同農園を「ドメーヌ ド ラ ロゼ バイ ランコム(Domaine de la Rose by Lancome)」と命名し、ブランドを象徴するローズや香水用の花々の栽培を行う。将来的にはバラの木や花、茎、根の全てを使用するゼロ・ウエイスト(廃棄物ゼロ)式の生産工程による新たな有用成分の開発を目指す。

 同ブランドはグラースと南仏ヴァランソル高原にも農地を保有し、フレグランスやスキンケア製品の香料に使用するセンチフォリアローズやジャスミン、ラベンダーなどの植物を栽培している。今回が3カ所目の農地取得となり、新たな農地により総面積は10エーカーとなる。それぞれの異なる地域特性や気候を生かして主要製品に用いるローズやオリーブ、プラム、イチジクのほか、アイリスやジャスミン、ラベンダー、ダイダイ、月下香、オスマンサス、イモーテル、バーベナ、マドンナリリーなど古くから使用されている香料植物の栽培と生物多様性推進に取り組む。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら