ビューティ

大手ビューティ企業6月期決算まとめ コロナ禍でもスキンケアとECが健闘

有料会員限定記事

 日本だけでなく、グローバルでここ数年絶好調だったビューティ業界では数年連続で2ケタ成長も珍しくなかった。その結果M&Aが積極的に行われたり、次々と新ブランドが立ち上がったり、ニュースが絶えない業界として注目を集めている。中でもスキンケアと中国市場が好調で、この2つに投資をしてきた企業の売り上げは右肩上がりで成長した。しかし今年に入り、新型コロナウイルスは好調だった化粧品業界にさえ大打撃を与え、売り上げは軒並み減少。グローバルの通期、半期決算から化粧品業界の現状と今後を見る。(この記事は「WWDジャパン」2020年9月21日号からの抜粋です)

 新型コロナウイルスで、化粧品の消費のあり方やニーズは大きく変わったと言えるだろう。最も大きな影響を受けたのはメイクアップ市場。日本ではこれまで市場を大きくけん引し、中国でも“口紅経済”と言われるほど好調だったリップは、マスクを着用する機会が増えたことにより需要が少なくなった。また、外出自粛でフレグランスも苦戦し、サロンが休業していた間はヘアやネイルなど、プロフェッショナル向け商材も停滞した。一方、最近続いていたスキンケアブームは“おうち時間”が増えたことにより継続し、コロナ禍でも健闘したカテゴリーとなった。市場全体を見ると売り上げは下がっているが、その中でも大幅な減収を食い止めたのは前述の(1)スキンケアに加え、(2)中国市場の復調、さらに(3)ECをはじめとするデジタル施策が奏功したケースだ。

スキンケアは定番品がけん引

この続きを読むには…
残り1739⽂字, 画像4枚

この記事は、有料会員(定期購読者)限定です。記事を購入することもできます。

¥100

記事を購入する

プランを選択

定期購読に申し込む

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら