ファッション

ローラの「ステュディオ アール スリーサーティー」が阪急うめだでポップアップ開催

 モデルのローラが手掛ける「ステュディオ アール スリーサーティー(STUDIO R330)」は11月4日から阪急うめだ本店4階で「フォレスト R330」と題したポップアップストアを開催する。

 人気のハイライズスキニーデニムコレクションをメインに、新色のブラック、チャコール、グレーの3色も販売する(各1万3500円)。同コレクションは生地に広島のデニム生地メーカー、カイハラのハイパワーストレッチデニムを採用し、色落ちを抑え、フィット感と疲れないはき心地が特徴。縫製と加工はサステナブル経営で知られる南ベトナムのサイテックスが手掛ける。ウエスト周りをすっきりと見せるハイライズの股上や、穿いた時にヒップが上がって見えるように計算されたバックポケットのサイズや配置などのディテールにこだわった。サイズはさまざまな体型の人に対応できるように23~30インチまでをそろえた。

 会場では100%オーガニックコットンデニムを採用したマルシェバッグ(3000円、4500円)も販売する。「ステュディオ アール スリーサーティー」の植林プロジェクト「フォレスト R330」を通して、デニムバッグ1つの購入につき3本の木が植林される。さらに、殺菌機能付きウオーターボトル、LAQRボトルとのコラボモデル(1万800円)も販売する。

■フォレスト R330
会期:11月4~17日
場所:阪急うめだ本店コストコステージ41
時間10:00~20:00
住所:大阪府大阪市北区角田町8-7 4階

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら