ファッション

ローラが手掛ける「ステュディオR330」がサステナブルなジーンズと白シャツを発売 植樹活動のチャリティーも

 モデルのローラが手掛けるライフスタイルブランド「ステュディオ アール スリーサーティー(STUDIO R330)」は、ジーンズと白シャツのコレクションを9月25日に発売する。公式オンラインストアで取り扱う。

 ジーンズはハイライズのスキニータイプで、シルエットがきれいに見えるようにこだわったという。色落ちを抑え、フィット感を実現するため広島のデニム生地メーカー、カイハラの“ハイパワーストレッチデニム”を採用した。縫製と加工は、エシカルでサステナブルなデニムを作ることで知られるベトナムのサイテックス(SAITEX)社にローラ自身が足を運んで決定した。値段は1万3500円でダークネイビー、ネイビー、ブルー、ライトブルーの4色を用意。さまざまな体形の人に対応できるよう、サイズも23~30インチと幅広くそろえた。

 白シャツはシンプルでトレンドに関係なく着ることができるデザインを目指したという。レギュラー、ゆったりしたフィットのボーイフレンド、丈の短いクロップドの3型を用意。生地はトルコ産のオーガニックコットンを100%使用し、ボタンはバイオマス配合のエコボタンを採用した。梱包用の袋もオーガニックコットン100%で、ランドリーバッグとして使用できる。値段は1万5000円。

 ビジュアルは、ローラが拠点とするアメリカ・ロサンゼルスで撮影。ローラ自身を含め、バックグラウンドや職業も異なる9人の女性を起用した。

 ジーンズの発売に合わせ、森林再生に焦点を当てたチャリティープロジェクトを立ち上げる。アメリカの非営利組織ワン・トゥリー・プランテッド(One Tree Planted)と提携し、ジーンズ1本の購入につき10本の木をインドネシアで植樹し、通常の収益の一部と合わせて森林再生の植樹活動に充てる。2020年11月30日までに3万本を目標とする。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら