ビューティ

環境や人に優しいコスメを表彰 “サステナコスメアワード” の公募受け付け

 環境省森里川海アンバサダーメンバーを中心に立ち上げられたソーシャルアクティビストチームのマザーアースは、SDGs(持続可能な発展目標)の理念を取り入れた“人にも地球にもやさしいコスメ”を表彰する「サスティナブルコスメアワード(SUSTAINABLE COSMETIC AWARD)2020」を実施する。11月15日まで公募を受け付け。今年はさまざまな分野のスペシャリストらが審査員メンバーに加わり、より多様な角度からの評価し、選考・表彰する。

 同アワードは、マザーアースと日本環境協会エコマーク事務局のコラボレーションイベントとして2019年にスタートした。フェアトレードによって生産された原材料を使用しているか、未利用資源や持続可能に管理された原料を使用しているかなど、SDGs の目標およびターゲットの基準に沿った製品を表彰する。

 応募製品の中からノミネート賞とブロンズ賞、シルバー賞、ゴールド賞を選出。受賞製品にはロゴの使用が認められ、環境や人体に優しい化粧品ということが消費者に訴求することができる。

 昨年は24の製品・メーカーがノミネートされ、9つの製品・メーカーが受賞した。今年はSDGsおよびサステナビリティ推進のため、多くの応募を期待する。表彰式は21年2月下旬に開催する予定だ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。