ファッション

ワンピースのD2Cブランド「レルディ」が初のポップアップ リー・イズミダのライブペインティングも開催

 ワンピースを中心に展開するD2Cブランド「レルディ(RELDI)」は10月11日まで、ポップアップストア「レルディ フラッシュ マーケット(RELDI FLASH MARKET)」を東京・上目黒で開催している。同ブランドがリアルな店舗を開くのは今回が初。オンラインで集まった「実際に商品を手に取って見てみたい」という要望に答えて、今回の出店を決めた。

 同店では、絵描きのリー・イズミダ(Lee Izumida)とコラボレーションした2020-21年秋冬コレクションをラインアップ。イズミダによるマグノリア、クリスマスローズ、アネモネ、エリカのプリントの原画の展示や、ポスター販売も行う。また10月11日12時からはイズミダの来店イベントとして、ショーウインドーへのライブペイントを開催する予定だ。

 また会期中は、オリジナルフレグランスのワークショップも開催。フレグランスエバリュエーターの中田真由美による「レルディ」をイメージした香料を使ってフレグランスづくりが体験できる。

 「レルディ」は繊維商社の豊島が運営し、デザイナーの山本雄矢が手掛けるファッションブランド。“現代を強く生きる女性が、有意義な時間を手に入れることができるワンピース”をコンセプトに、1着でサマになり、何通りにも着こなしが楽しめるデザインを生み出している。現在の販路はECが中心で、ピザ箱をイメージしたパッケージで商品を届けているのも特徴だ。

■RELDI FLASH MARKET
日程:10月8~11日
時間:12:00~20:00(11日は18時閉店)
住所:東京都目黒区上目黒1-11-6

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら