ビューティ

「サンタ・マリア・ノヴェッラ」がリードディフューザーを日本初展開 五大陸の香りを表現

 「サンタ・マリア・ノヴェッラ(SANTA MARIA NOVELLA)」は9月30日、五大陸を5つの香りで表現したリードディフューザー(250ml、各1万7000円)を発売する。海外ではすでに販売して人気を集めているが、日本で展開するのは今回が初めて。

 “世界の香り(I Profumi del Mondo)”シリーズと題し、五大陸のアメリカ、アフリカ、ヨーロッパ、アジア、オセアニアをイメージした香りを展開する。“ディフューザー アメリカ”は、アマゾンの密林、カリブの湿った森林の深い緑をイメージ。ミントとライムのトップから、カラメルに似たメープルシロップの甘いバニラのノートが、シナモンに溶け合うように変化する。“ディフューザー アフリカ”は、マンゴーの香りをまとう女性をイメージし、ユーカリやマンゴー、ホワイトムスクを調香した。“ディフューザー ヨーロッパ”は、ミステリアスをキーワードに、ベルガモットやスイートオレンジ、ローズ、スミレの香りがウッディーでムスキーな香りに変化する。“ディフューザー アジア”は、日本をイメージ。緑茶のトップから、ミドルは東洋文化を連想させる蓮の花とアイリス、ラストは日本スギと清々しい香りを演出する。“ディフューザー オセアニア”は、自由を象徴する女性をイメージし、アカシアやグリーンティーを調香した。

【エディターズ・チェック】
新型コロナウイルスの影響で在宅時間が増加し、外出自粛生活への不安などからくるストレスを和らげる目的で香り製品に注目が集まっている。同ブランドでは、特にルームフレグランスの需要が伸び、ブランドを代表するフレグランスの一つ、“ポプリ”は一時欠品したそうだ。また、日本の公式インスタグラムでディフューザーの発売を告知したところユーザーの反応が良く、問い合わせが増えているという。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら