ファッション

「サカイ」がドクター・ウーとの限定コラボアイテムをキッズサイズで受注販売 

 「サカイ(SACAI)」は9月17日12時に、世界的なタトゥーアーティストのドクター・ウー(Dr.Woo)とのコラボアイテムの受注販売を開始した。キッズサイズをメインに8型そろえ、アダルトサイズはブルゾンの1型のみ(2色、各8万1000円)。「サカイ」公式オンラインストアのみで扱う。

 アイテムは2020年秋冬コレクションに使用したデザインを採用したブルゾン(2色、ボーイズ各3万2000円、2色、ガールズ各3万3000円)、パンツ(2色、各1万8000円)、スカート(2色、各1万5000円)、シャツ(2色、各1万7000円)、プルオーバー(2色、各1万5000円)、ロングTシャツ(3色、各9000円)、ビブ(2色、各7500円)を用意した。

 ウーは、タトゥーアートとファッションを融合させるムーブメントを牽引し、世界中に何百万人ものファンを持ち、影響力のある著名人たちから指名を受けるタトゥーアーティストだ。伝説的なタトゥーのアイコン的存在であるマーク・マホーニー(Mark Mahoney)のもとでキャリアをスタートさせた後、彼のスタイルであるシングルニードルのデザインと複雑性を確立した。また自身のプライベートスタジオの隠れ家で、アートや音楽、ファッションなどの外部から受ける影響や自身の関心をタトゥーと融合させながら、タトゥーの再定義を推し進めている。

最新号紹介

WWD JAPAN

アウトドア消費の現在地と未来 ブームは一過性か、それとも日常に定着するか

「WWDジャパン」11月30日号は「アウトドア」特集です。アウトドアウエアが日常的に着用され、商業施設の目玉テナントとして誘致されるなど、市場を席巻しています。キャンプやハイキングなどはコロナ禍に最適なレジャーとしても注目されていますが、このブームは一過性のものなのか、あるいは日常に定着するのか。特集では、自然の豊かさを多角的に発信するアウトドア企業のトップや、ファッション視点で市場を見てきた名物…

詳細/購入はこちら