ビューティ

「SK-II」から約5年ぶりに新スキンケアシリーズが登場 現代生活における肌の揺らぎにアプローチ

 「SK-II」は8月21日、約5年ぶりに新スキンケアライン「スキンパワー」を発売する。新シリーズは現代女性のライフスタイル特有の肌の揺らぎにアプローチし、美容乳液を2種、美容液を1種、アイクリームを1種そろえる。なお、既存のエイジングケアライン「R.N.A.パワー」シリーズは在庫がなくなり次第、終了する。
 
 「SK-II」は今回の製品開発のために約8年間を費やし、初めて一日の肌年齢の変動を定点的にとらえる調査を行った。その結果、女性の肌はよいコンディションの状態から、そうでないくすみや毛穴の目立ち、ハリ不足が気になる状態まで、肌年齢が一日の中でも約9歳分も揺れ動いていることを発見した。紫外線や大気汚染、乾燥、気温の急激な変化などの外的ストレスにより肌コンディションが低下し、その結果見た目に分かるほど急激にキメが乱れ、毛穴が目立つようになるという。

 そこで新シリーズには全製品に独自の「インフィニット パワー テクノロジー」を用いた。これは肌に潤いを与えてふっくらとさせる独自成分「カラーリリーエキス」、潤いのある生き生きとした肌に整えるドクダミエキス、弾むようなハリを与えるシャクヤクエキスの3つの天然由来成分を組み合わせたもので、弾むような生き生きとした肌に導く。また、同ブランドのアイコン成分「ピテラ」も配合しており、既存の「R.N.A.パワー」と同等のエイジングケアをかなえている。

 美容乳液はみずみずしく軽い感触の「スキンパワー エアリー」(50g、1万2000円/80g、1万8000円)と、しっとりコクのある「同クリーム」(50g、1万2000円/80g、1万8000円)の2種類が登場。美容液「同エッセンス」(30mL、1万3000円/50mL、1万9500円/75mL、2万6000円)は毛穴の目立ちにくい、潤いに溢れた肌に導く。「同アイ クリーム」(15g、1万1500円 以上全て価格は編集部調べ)は軽いテクスチャーで目周りの肌にすばやく溶け込み、乾燥による小ジワを目立たなくして艶のある目元に仕上げる。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら