ファッション

菅付雅信連載「不易と流行のあいだ」vol.5 デジタル時代のショーの価値

有料会員限定記事

 ファッションという「今」にのみフォーカスする産業を歴史の文脈で捉え直す新連載。5回目はこれからのファッションショーのあり方を考える(編集協力:片山マテウス。この記事は、「WWDジャパン」2020年6月15日、22日号からの抜粋です)。

 今やファッションショーというと、「ああ、インスタグラマーがたくさん集まってスマホで写真撮っているイベントのこと?」と捉えている十代が大勢いるだろう。そのようにSNSがファッションショーの位置付けを劇的に変え、そして今度はコロナがついにその存在意義まで変えようとしている。今年7月開催予定のパリ・オートクチュール・コレクションが完全デジタル配信になるというニュースは、歴史の大きな転換点を感じさせるものだ。ファッションの最も貴族的かつ選民的な要素を象徴するオートクチュールのショーがYouTube化することは、ファッションショーの存在意義の根幹に関わる変化だろう。

 またコロナ・ショックはショーの回数も変えようとしている。「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)がコレクションを年5回から2回に減らすと明言。ミケーレが語るには、この変化はファッション界を吹き渡る「新しい酸素」だという。私たちはマスク越しに「新しい酸素」を吸わないといけないようだ。

この続きを読むには…
残り2802⽂字, 画像4枚

この記事は、有料会員(定期購読者)限定です。記事を購入することもできます。

¥100

記事を購入する

プランを選択

定期購読に申し込む

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら