ファッション

「アネロ」がサステナビリティを強化 アイコン“口金バッグ”をリサイクルポリエステルに変更

 キャロットカンパニーが手掛けるバッグブランド「アネロ(ANELLO)」は、2020年秋からサステナビリティに注力する。ブランド設立15周年の2020年を“サステナブル元年”と位置付けて社会的課題に取り組んでいく。

 その第1弾として米テキスタイルメーカーのユニファイ(UNIFI)によるリサイクルポリエステル「リプリーブ(REPREVE)」を使用したバッグシリーズ“クロスボトル(CROSS BOTTLE)”を8月22日に発売する。14年の誕生以来、累計1000万個を販売するアイコンバッグの“口金バッグ”のレギュラーサイズ1個につき、500mLのペットボトル約5本分のリサイクルが可能なほか、今後5年間で約5000万本以上のペットボトルを再利用できるという。「アネロ」は目標として、2年以内で商品生産数に対してリサイクル素材使用量50%以上を目指す。

 また、“口金バッグ”の仕様も刷新し、ファスナーの引き手部分には人工皮革のスエードを用いて、ブランドネームをプリントから刺しゅうに変更。PC収納ポケットに加え、キャリーケースのハンドルに通すことができる背面パーツを付け、はっ水加工も施した。ユーチューブ上ではモデルのジュン・ヘイガン(Jun Hagan)を起用した動画を発表し、リニューアル商品について詳しく紹介している。

 「アネロ」は昨年12月にオープンした原宿店の内装に、使用済みのコーヒー豆を材料としたリサイクル可能な壁材や、再生ガラスを使用した什器などを用いており、今後も環境に配慮した取り組みを強化していく方針だ。

 

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら