ファッション

「エックスフラッグ ラボ」がコラボプロジェクト開始 第1弾は「アンブロ」「アトモス」FC東京とコラボ

 ミクシィのエンターテインメント事業ブランド「エックスフラッグ(XFLAG)」は、新たなコラボプロジェクト「エックスフラッグ ラボ」を開始する。第1弾として8月8日に、「エックスフラッグ」がスポンサーを務めるJリーグクラブのFC東京、同チームのユニフォームを手掛ける「アンブロ(UMBRO)」、スニーカーブランドの「アトモス(ATMOS)」とコラボしたコレクション「“東京”パック」を発売する。アイテムはスニーカーとTシャツをそろえる。

 スニーカーは「アンブロ」の最新モデル“バンピーエックス”をベースに、「アンブロ」が手掛けるFC東京のユニホームに着想を得たデザインだ。サイドにはそれぞれが拠点とする渋谷の経緯度を立体的なプリントで表現し、ヒール部分には“東京”の文字を刺しゅうで表現した。カラーはホワイトとブラックで、価格は1万5000円。Tシャツはスニーカーにも施したストライプ柄をボックスデザインでプリントし、“東京”の文字をモザイク調であしらった。スニーカーと同じくホワイトとブラックをそろえ、価格は4500円。

 「エックスフラッグ」渋谷店、「アトモス」各店と公式サイトで、数量限定で取り扱う。

 「エックスフラッグ ラボ」では今後ゲーム、スポーツ、アニメーションの分野を合わせたコラボレーション企画に取り組む。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら