ファッション

「空調服」と「タケオ キクチ」がコラボ ファン付きプルオーバー

 暑さ対策・熱中症対策商品を手掛ける「空調服」は8月6日に、菊池武夫がディレクションする40~50代をターゲットにしたメンズブランド「フォーティーカラッツ アンド ゴーニーゴ バイ タケオキクチ(40CARATS&525 BY TAKEO KIKUCHI」とのコラボレーションウエアを発売した。「タケオキクチ(TAKEO KIKUCHI)」の公式オンラインストアや渋谷明治通り本店、有楽町丸井店で取り扱う。カラーはカーキの1色展開で、価格は5万9000円。

 菊池は「以前から真夏の工事現場での作業従事者のスタイルに興味があり、彼らの夏の必需品である『空調服』の存在を知り、昨年夏に試着するつもりで作業着ショップで購入した。散歩好きの私には無くてはならないアイテムとなった。ただ自分が満足出来るデザインではなく、同社にコラボ企画をお願いした」と語る。

 コラボウエアは5部袖のプルオーバーをベースに、身幅にゆとりを持たせ、裾のスピンドルやフロントジップを締めてファンを回した時に大きく膨らむように設計した。タウンユースや夏のレジャー、防災時など、さまざまなシーンでの着用が可能だ。また高密度なポリエステルタフタ生地を採用。生地に加えた特殊な加工による適度なハリ感と、化繊ながら天然素材のような表情が特徴だ。さらに、はっ水加工やUV遮へい率90%、手洗い可能という夏に適した機能を備えた。

最新号紹介

WWD JAPAN

CEO特集2021 ファッション&ビューティ47社に聞く「2040年のビジョン」

1月25日号は「CEO特集2021」を大ボリュームの108ページでお届けします。毎年恒例の特集ですが、今回はファッション企業19社、ビューティ企業28社の経営トップが登場し、「2040年のビジョン」を語ります。リーダーたちは目の前のコロナ危機に対応しつつ、その先にある長期的な企業像をどう描くのか。ビジネス戦略はもちろん、日本を代表する有力企業のカルチャーや経営トップのキャラクターが垣間見ることがで…

詳細/購入はこちら