ファッション

英ブランド「カシミ」と「ニューエラ」がコラボ 創業デザイナーに捧ぐモチーフ

 英ブランド「カシミ(QASIMI)」は、「ニューエラ(NEW ERA)」とコラボレーションしたキャップ(1万1000円)とハット(1万2000円)を7月中旬から順次発売する。

 キャップにあしらわれた太陽のモチーフは日の出と日没の両方を意味しており、“巡りゆく日”を表現して、2019年7月に急逝した創業デザイナーのハリド・アル・カシミ(Khalid Al Qasimi)に思いをはせる。

 ハットは亀の甲羅をイメージした柄と、荒廃した街に建つ高層ビルの窓から着想したチェック柄の2パターンをそろえる。自然と都会という対照的なプリントには、相反する要素を融合して社会にメッセージを投げかける同ブランドのアイデンティティーが込められている。

 サイズは全てワンサイズのみ。ブランド公式サイトのほか、「モンキータイム(MONKEY TIME)」原宿店、東京・千住龍田町のアマノジャク(Amanojak.)、下北沢のジャナストラ(JANASTRA)で取り扱う。

最新号紹介

WWD JAPAN

“副業・複業を解禁せよ!” 多様な働き方の推進が急務

「WWDJAPAN」5月17日号は、「複業を解禁せよ! 多様な働き方」特集です。コロナ禍で働き方が見直される中、商業施設などが突然の休業に見舞われても副業を解禁できていない企業は多くあります。「WWDJAPAN」ユーザー2130人への働き方に関する意識調査を行ったところ、8割が「副業したい」と回答。本号では副業・複業のメリット、これからの働き方について考察します。

詳細/購入はこちら