ファッション

スタイリスト百々千晴が「セブンルール」に登場 シンプルを追求する彼女のルールとは?

 スタイリストの百々千晴が、7月14日23時放送のドキュメンタリー番組「セブンルール」(関西テレビ・フジテレビ系全国ネット)で特集される。百々は雑誌やブランドのスタイリングはもちろん、モデルやタレントの衣装をコーディネートするなどスタイリストとして活動するかたわら、「ユニオン マガジン(Union Magazine)」の編集長やブランドディレクターとしても知られる。最近ではプライベートブランド「シシクイ(THE SHISHIKUI)」をスタートさせた。

 「セブンルール」では、ファッション業界で約15年働く中で、「自分のキャラクターや話の仕方はシンプルでいたい。洋服だけでなく考え方など全てにおいてシンプルでいたい」と語る百々の7つのルールについて迫る。また、9歳の息子と6歳の娘を持つ母としてのルールも語っている。

 百々は徳島県生まれ。思春期のころに見たファッション誌でスタイリストという職業を知る。18歳で上京し、アシスタントとして経験を積んで、2002年から2年間ロンドンに留学する。その後帰国し、東京を拠点に活動をスタート。新型コロナウイルスの自粛期間中にはダンスや歌を披露したりおすすめグッズを紹介したりするプライベートなインスタライブが注目を集めた。また公式ユーチューブチャンネル「DODOTUBE」を開設し、ファッションやビューティ、ライフスタイルなどの動画を配信している。