ファッション

ストライプがアウトドアブランド「ドアフォーナイン」を7月に発売 ゆくゆくはキャンプ地などへの出店も

 ストライプインターナショナルは7月7日から、アウトドアをキーワードにした新ブランド「ドアフォーナイン(DORR#49)」を自社ECサイトの「ストライプクラブ(STRIPE CLUB)」で販売する。「インドアとアウトドアをシームレスにつなぐライフスケールブランド」として、「アパレル商品を皮切りに、ギア、雑貨、家具、食の展開も計画」しているという。順次、ファッション系ECモールにも出店し、将来的にはキャンプ地などへの実店舗の出店も目指す。

 アウトドアシーンで活躍するアノラックやミリタリーコート、ベストなどをそろえ、「世代を問わずジェンダーレスで展開」する。アウトドアと親和性のあるブランドや企業とのコラボレーションにも力を入れる。アパレル商品の価格帯は5800~5万円の予定。今後、商品の機能性などは公式ユーチューブで発信していく。立ち上げに合わせた注目商品として、ウエスト部分にファン(扇風機)を内蔵したベスト(2万6800円)も企画した。

 ブランドマネジャーを務めるのは、元「カシラ(CA4LA)」ディレクターで、直近では家具ブランド「イナウト(INOUT)」ディレクターを務めていた沼田裕進。ストライプインターナショナルには2019年9月に入社した。

 ストライプインターナショナルは、ヤング向けのウィメンズカジュアル「イーハイフンワールドギャラリー(E HYPHEN WORLD GALLERY)」を7月末で事業終了すると発表している。

最新号紹介

WWD JAPAN

CEO特集2021 ファッション&ビューティ47社に聞く「2040年のビジョン」

1月25日号は「CEO特集2021」を大ボリュームの108ページでお届けします。毎年恒例の特集ですが、今回はファッション企業19社、ビューティ企業28社の経営トップが登場し、「2040年のビジョン」を語ります。リーダーたちは目の前のコロナ危機に対応しつつ、その先にある長期的な企業像をどう描くのか。ビジネス戦略はもちろん、日本を代表する有力企業のカルチャーや経営トップのキャラクターが垣間見ることがで…

詳細/購入はこちら