ファッション

BLM運動参加者がポラロイドでつづるメッセージ

 米ミネソタ州ミネアポリスで5月25日に、黒人男性のジョージ・フロイド(George Floyd)氏が白人の警察官に首を押さえつけられて死亡した事件を受けてアメリカで始まった抗議運動は、9日現在も止まることなく、変革を求める声は大きくなり続けている。人種差別と警察による暴力行為に抗議する一連の動きに俳優やアーティストなど多くの著名人が賛同する中、ファッション業界では企業トップらも共に問題の解決に取り組む意思を表明している。

 ここでは、5日からの週末に行われたニューヨーク市での「Black Lives Matter(黒人の命は大切)」抗議のシーンをポラロイドに写し、デモの参加者自身がそれにキャプションを書いたものをまとめる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

経営者の皆さん、“脱炭素”を語れますか? 電力と水とファッションビジネス

6月21日号の「WWDJAPAN」は、サステナビリティを切り口に電力と水とファッションビジネスの関係を特集します。ファッションとビューティの仕事に携わる人の大部分はこれまで、水や電気はその存在を気にも留めてこなかったかもしれません。目には見えないからそれも当然。でもどちらも環境問題と密接だから、脱炭素経営を目指す企業にとってこれからは必須の知識です。本特集ではファッション&ビューティビジネスが電力…

詳細/購入はこちら