ファッション

「ワイスリー」2020年春夏コレクション第4弾 “スイム”をテーマにウエアやサンダルなど用意

 アディダス(ADIDAS)と山本耀司が協業して展開する「ワイスリー(Y-3)」は3月19日、2020年春夏コレクション第4弾を発売する。第4弾は“スイム(SWIM)”をテーマに、ウエアからサンダル、ビーチバッグやビッグタオルのアクセサリーまでをそろえる。「ワイスリー」公式オンラインストアや直営店で取り扱う。

 ウエアは、ジオメトリックパターンとネオンカラーを使い、軽量で透け感のある素材で製作した。ジップジャケット(4万円)やパーカ(3万3000円)、スイムスーツ(2万円)ショートスリーブシャツ(2万1000円)のほか、バックパック(2万5000円)やビーチバッグ(2万8000円)、ビッグタオル(1万3000円)、ソックス(4000円)などを用意する。

 サンダルは「アディダス」の定番“アディレッテ(ADILETTE)”をベースに、フットベッドと厚底を組み合わせた“ワイスリー スライド(Y-3 SLIDE)”(2色、各2万2000円)、同様の構造に取り外し可能なストラップを配して機能性を高めた“ワイスリー サンダル(Y-3 SANDAL)”(2色、各2万5000円)をそろえる。

 また発売に合わせて、太陽光があふれる広大な土地で撮影したイメージビジュアルを公開した。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら