フォーカス

王者「ボッテガ・ヴェネタ」に挑む「ロエベ」「ディオール」 ロンドンのバッグトレンド最前線

 前シーズンのロンドン・ファッション・ウィークでは、ダニエル・リー(Daniel Lee)=クリエイティブ・ディレクターによる「ボッテガ・ヴェネタ(BOTTEGA VENETA)」のバッグ愛用者がダントツで多かったが、2月開催の20-21年のオフランウエイではさまざまな対抗馬も登場。次なるトレンドバッグの座をめぐり、あらゆるブランドが来場者を飾った。ロンドンで人気が高かったバッグをご紹介。

とはいえ「ボッテガ ヴェネタ」

 ロンドンでは一時期に比べて勢いが落ち着いたとはいえ、「ボッテガ ヴェネタ」の人気はやっぱり高い。“ザ・ポーチ”の人気は高く、ほかにも“カセット”や新型の“ジョディー”も見られた。クラシックやエレガンスなスタイルにも合うバッグとして、人気はしばらく続きそう。

次期王者を狙う「ロエベ」

 実用性とデザイン性を兼ね備えたバッグとして人気な「ロエベ(LOEWE)」は、今季のロンドンで多く見かけた。特に、会期の数週間前に発売となった新型“バルーン”を早くも取り入れるロンドン女子が多数。「ロエベ」のアイコニックなバッグとして今後注目を集めそうだ。

大穴は「ディオール」や
英国ブランドか

 アクセサリー感覚で持つデコラティブなミニサイズのバッグが一時ブームとなったが、クラシックなスタイルが台頭した影響もあってか、装飾は少なめの実用的なミドルサイズが復活しているようだ。特徴としては、ジオメタリックで構築的なフォームである点。「ディオール(DIOR)」「セリーヌ(CELINE)」といったラグジュアリーブランドのほかに、英国発「ワドラー(WADDLER)」やLA発「スタウド(STAUD)」なども見られた。

ELIE INOUE:パリ在住ジャーナリスト。大学卒業後、ニューヨークに渡りファッションジャーナリスト、コーディネーターとして経験を積む。2016年からパリに拠点を移し、各都市のコレクション取材やデザイナーのインタビュー、ファッションやライフスタイルの取材、執筆を手掛ける

最新号紹介