ニュース

人体に楽譜 ヤコポ・バボーニ・スキリンジの日本初個展がシャネル・ネクサス・ホールで開催中

 東京・銀座にあるシャネル・ネクサス・ホールでは2月16日まで、現代音楽家ヤコポ・バボーニ・スキリンジ(Jacopo Baboni Schilingi)による音楽と写真の融合を試みた新しいアプローチの展覧会「Bodyscore - the soul signature」を開催中だ。オーケストラやアンサンブル、ソロのための作曲だけでなく、インスタレーションや映像作品のための音楽も積極的に制作してきたバボーニ スキリンジは2007年より実験的に人体に楽譜を書き始め、次第にそれが彼の新しい作曲法へと変わっていった。モノクロで統一された会場には30点の写真作品が展示されている。

 作品に対するアプローチについてバボーニ・スキリンジは、「モデルのポーズについては、私が書きたい曲によって決める。また、どのモデルにどの曲を書くかも、そのモデルが持つ身体の表現力によって判断している。ニューヨークのマーサ・グラハム・ダンス・カンパニー(Martha Graham Dance Company)所属のダンサーには、その筋肉質な身体に見合った『フェニックス』という力強い曲を作り、ポーズでもその力強さを表現をしてもらった。一方、横たわっている女性には静かな曲調の曲を書いた」と、開催に先がけて行われたプレスプレビューで語った。

 展示された作品の中には、鑑賞者が写真の前に立つと実際にそのモデルの身体に書かれた楽譜の音楽が流れるインタラクティブなシリーズも数点。視覚と聴覚を揺さぶるバボーニ・スキリンジの世界が堪能できる展覧会となっている。

■ヤコポ バボーニ スキリンジ展「Bodyscore - the soul signature」
日程:1月15日〜2月16日
時間:12:00〜19:30
定休日:無休
場所:シャネル・ネクサス・ホール
住所:東京都中央区銀座3-5-3 シャネル銀座ビルディング4F
入場料:無料

最新号紹介