絶好調「ワークマンプラス」が川崎に路面店

企業動向 オープン

2018/11/7 (WED) 08:30

 作業着大手のワークマンは、カジュアル業態「ワークマンプラス(WORKMAN PLUS)」の2号店となる路面店の川崎中野島店(川崎市)を8日オープンする。

 「ワークマンプラス」は高機能のプライベートブランド(PB)を中心に、アウトドアやスポーツなどアクティブなシーンや日常使いにも対応するアイテムを並べた編集売り場を構成。プロ向けの作業着を売る「ワークマン」業態と差別化している。

 9月にオープンした「ワークマンプラス」業態の1号店であるららぽーと立川立飛店(立川市)は商品全般が品薄になるほどの盛況で、店舗の年間売上高目標を1億2000万円から3億円に早くも上方修正した。

 川崎中野島店は約300平方メートルの売り場面積の6割を「ワークマンプラス」、残りを「ワークマン」が占める複合店。平積みやパッケージされた商品を積み上げる「ワークマン」の売り場に比べ、「ワークマンプラス」は裏地ボアでストレッチの効いたワークパンツ“暖パン”(2900円)や防水・防風の高機能ジャケット(3900円)など売れ筋の商品はマネキンに着せるなどして目立たせ、「デザインも売りなので、商品の“顔”が見えるようにする」と担当者。

 川崎中野島店の年間売上高目標は2億円。店は昼夜交通量の多い幹線道路に面しており、工場なども点在する地域。「好調の一般向けにやや比重を置くが、朝夕に店の前を行き交う通勤者の需要も取り込んでいく」。

 11月下旬には埼玉・ららぽーと富士見に3号店を出すことが決まっている。

LINEでフォローして最新ニュースをチェック 友だち追加
メールマガジン登録

毎週月、水、金に注目コンテンツをお知らせするメールマガジンをお届けします。
今ならデジタルデイリーの1週間試し読みもご利用いただけます。
※ @icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

ニュースランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間
  1. 芸人も海外セレブ風の“ボス顔”に変身 JunJunがメイク本を発売

    雑誌・書籍・媒体企業タッグ新作
ブランド検索
シーズン検索
お問い合わせ各種

デジタルデイリーについての問い合わせは
下記よりお選びください。

false false true true true false true true