ファッション

ワークマンが新カジュアル業態を公開 5日にオープン

 作業着大手のワークマンは4日、ららぽーと立川立飛(東京・立川)に5日オープンする新業態「ワークマンプラス(WORKMAN PLUS)」を関係者に公開した。同社初となるカジュアルウエア業態で、作業着で培った高機能のプライベートブランド(PB)を低価格で販売する。1号店は売り場面積が約198平方メートルで、売上高1億2000万円を計画する。11月下旬にはららぽーと富士見(埼玉・富士見)に2号店を出すことが決まっている。

 ららぽーと立川立飛の3階にオープンする同店は、カラフルな防寒アウターを売り場の前面に並べており、一見するとアウトドア専門店のように見える。最大の特徴は高機能のウエアを低価格で販売していること。はっ水防寒ジャケットや防風ストレッチジャケットが2900円、タイツをはかなくても暖かいトレッチウォームパンツが2900円、バイク乗りから高い評価を受けている透湿防水防寒ジャケットが6800円、軽量アスレシューズが980円。販売する3つのPBはワークマンの既存店825店舗でも販売されており、1型10万点以上という大ロットの量産によって価格を下げている。ワークマンの既存店とは異なり、マネキンによるコーディネート提案をしているのも同社にとっては新しい試みだ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

トラッド&ベーシックをとことん遊ぶ 2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンド特集【WWDBEAUTY付録:2024年上半期ベストコスメ】

百貨店やファッションビル系ブランド、セレクトショップの2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンドの打ち出しが概ね出そろいました。ここ2〜3年の間でランウエイで広がった“定番の再解釈”の価値観は、リアルトレンド市場にも確実に浸透。トラッド&ベーシック回帰の傾向が一層強まり、また暖冬で「ウールコートが売れない!」という声も聞かれる中で、この秋冬の戦い方の羅針盤となる特集を作りました。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。