ファッション

「シュプリーム」から米・現代芸術家のマイク・ケリーにオマージュを捧げるコレクション登場

 「シュプリーム(SUPREME)」が、2012年に亡くなった米・現代芸術家のマイク・ケリー(Mike Kelley)にオマージュを捧げたコレクションを発売する。

 マイク・ケリーは、1954年デトロイト生まれ。19歳の時から4年間、伝説のアート集団とも称されるバンド、デストロイ・オール・モンスターズ(Destroy All Monsters)のメンバーとして活動。その後、本格的に現代芸術家として活動を開始し、ドローイングからペインティング、映像、彫刻まで多岐にわたる表現方法と、使い古されたぬいぐるみや玩具を使用した作風などで注目を集める。91年発表の代表作「Ahh...Youth」の一部が、ソニック・ユース(Sonic Youth)の8枚目のアルバム「Dirty」のジャケットに使用されたことでも知られている。

 今回のコレクションでは、その「Ahh...Youth」を大胆にプリントしたワークジャケットやワークシャツ、ロングスリーブTシャツなどをはじめ、同じく代表作の「More Love Hours Than Can Ever Be Repaid」を全面にプリントしたレーヨンシャツやフーディー、エンパイア・ステート・ビルディングに男性器を思わせる落書き風のイラストを加えたフォトTシャツなど、ポップな印象が強い全11型のアイテムをラインアップした。取り扱いは、「シュプリーム」旗艦店とドーバー ストリート マーケット ギンザ(DOVER STREET MARKET GINZA)およびオンラインストアなどで、9月8日に発売する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ファッション&ビューティメディア大特集 一緒に働く人も目指す人も必読!

11月29日発売の「WWDJAPAN」は、毎年恒例のメディア特集です。今週号には10社、14媒体、そして総勢32人の個性豊かな編集者が登場します。特集は、コロナ禍で編集長に就任&復帰した「25ans」と「MEN’S EX」そして「ハニカム(HONEYEE.COM)」編集長の座談会からスタート。「おめでとう」より「大変だね」と言われることが多かった編集長は、コロナが背中を押したかもしれない新事業への…

詳細/購入はこちら