ビジネス

ロコンドが数十億円規模のCVCファンド設立 第1号はスーツ作業服のあの会社

 ロコンドはこのほど、自己資金で構成するコーポレート・ベンチャー・キャピタル(CVC)を設立した。規模は数十億円で、主にスタートアップ企業が対象になる。出資先企業の第1号には、スーツに見える作業着“ワークウエアスーツ(WORK WEAR SUIT)”などで知られるオアシスライフスタイルグループの増資を引き受けた。すでに同社のEC支援などを行っており、今後はオアシスライフスタイルグループが目指す上場のサポートを行う。

 CVCは企業が自己資金の一部をファンド化してスタートアップ企業への支援に充てることで、オープンイノベーションの促進に活用される手法。大手繊維商社の豊島も昨年1月に設立し、ファッションテック企業への出資を行っている。オアシスライフスタイルグループは子会社で「ワークウエアスーツ」を展開するオアシススタイルウェアやタピオカミルクティー発祥の台湾カフェ「春水堂」などを運営している。

 ロコンドは今年3月にもラオックスと共同でファンドを設立し、経営再建中だったシャディを買収。田中裕輔ロコンド社長がシャディの会長に就任し、経営再建を指揮している。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら