百貨店大手5社の1月売上高が6カ月連続で前年上回る

商業施設決算

2018/2/1 (THU) 11:00

 百貨店大手5社の1月度の売上高(既存店ベース)は、6カ月連続で全社が前年同月の実績を上回った。三越伊勢丹が前年同月比1.3%増、高島屋が同0.5%増、大丸松坂屋百貨店が同2.0%増、そごう・西武が同1.7%増、阪急阪神百貨店が同4.3%増だった。大雪や寒波の影響があったものの、引き続き化粧品やジュエリー・時計などの高額品などが好調に推移。加えて、気温の低下から婦人・紳士では重衣料や防寒アイテムが動き、売り上げにつながった。

 大丸松坂屋百貨店は、婦人・紳士ファッションの冬物定価商品がクリアランスセール以上に好調。阪急阪神百貨店も婦人ファッションを中心にクリアランスの集客を生かし、定価商品の売り上げが伸びた。そごう・西武は宝飾やラグジュアリーブランドなどに加え、紳士服がけん引した。

 訪日客による免税売上高は、大丸松坂屋百貨店が同36%増、阪急阪神百貨店が同30%増、高島屋が同22.4%増と高い伸びが続いている。

LINEでフォローして最新ニュースをチェック 友だち追加
メールマガジン登録

毎週月、水、金に注目コンテンツをお知らせするメールマガジンをお届けします。
今ならデジタルデイリーの1週間試し読みもご利用いただけます。

ニュースランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間
  1. 幸せに満ちたメーガン妃のブライダルメイクは「ディオール」新ライン

    ブライダルイベント新ブランド・新ライン PR
  2. 村上隆が「ドラえもんUT」コラボを語る さっそく外国人観光客がまとめ買い

    アニメ・マンガ企業タッグ新作イベント
  3. 「カルヴェン」破たん 身売り先を探す

    企業動向破産・倒産
  4. LVMH関連会社が運営するシンガポール発エンタメレストラン「セラヴィ」が日本初上陸

    企業動向商業施設企業タッグオープン日本上陸
メールマガジン登録

毎週月、水、金に注目コンテンツをお知らせするメールマガジンをお届けします。
今ならデジタルデイリーの1週間試し読みもご利用いただけます。

ブランド検索
シーズン検索
お問い合わせ各種

デジタルデイリーについての問い合わせは
下記よりお選びください。

false false true true true false false