フォーカス

川久保玲の「オルランド」、オペラ衣装で完結

有料会員限定記事

 ウィーン国立歌劇場の創立150周年記念公演のオペラ「オルランド」は、世界有数のオペラハウスである同劇場で初めて女性作曲家が制作した作品が上演されること共に、舞台衣装を川久保玲が手掛けていることでも大きな注目を集める。「コム デ ギャルソン」は「オルランド」をテーマに2020年春夏メンズ、同ウィメンズコレクションを発表したが、このオペラの衣装で3部作を完結する。(この記事はWWDジャパン2019年12月16日号からの抜粋に加筆しています)

この続きを読むには…
残り2717⽂字, 画像42枚

この記事は、有料会員(定期購読者)限定です。記事を購入することもできます。

¥100

記事を購入する

プランを選択

定期購読に申し込む