ファッション

2020年のトレンドカラーをいち早く取り入れたセレブをチェック

 米パントン社(PANTONE)は12月4日、2020年のトレンドカラーとなる「カラー・オブ・ザ・イヤー2020」を“クラシック・ブルー”に決定した。しかし、多くのセレブリティーたちは発表を待たずしてこの色の服を着用し始めていた。

 パントン・カラー・インスティテュート(Pantone Color Institute)のリアトリス・アイズマン(Leatrice Eiseman)=エグゼクティブ・ディレクターは、「“クラシック・ブルー”は自然と密接に関わる色。薄暗いミッドナイトブルーは一日が終わる夕暮れ時を思わせる、隠れ家や静けさを探し求めるような色だ」と語っている。

 クラシックブルーはすでに英国王室でもお気に入りの色となっているようで、ケンブリッジ公爵夫人キャサリン(Kate, Duchess of Cambridge)とサセックス公爵夫人メーガン(Meghan, Duchess of Sussex)は、11月7日に別の場所でそれぞれこの色の洋服を着用している。

 クラシックブルーはレッドカーペットでも着用されている。直近では英国ファッション協議会(The British Fashion Council)が12月2日に開催した「ザ ファッション アワード(The Fashion Awards) 2019」の授賞式で、シェイリーン・ウッドリー(Shailene Woodley)が「モンクレール ジーニアス(MONCLER GENIUS)」の“1 モンクレール ピエールパオロ・ピッチョーリ”コレクションのダウンのロングドレスを着用。女優のローレン・ハットン(Lauren Hutton)が着用していた「ジョルジオ アルマーニ(GIORGIO ARMANI)」の花柄の刺しゅう入りベルベットスーツも記憶に新しい。

 ここで、2020年のトレンドカラー“クラシック・ブルー”を着こなすセレブリティー13人に注目したい。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら