ファッション

2020年のトレンドカラーをいち早く取り入れたセレブをチェック

 米パントン社(PANTONE)は12月4日、2020年のトレンドカラーとなる「カラー・オブ・ザ・イヤー2020」を“クラシック・ブルー”に決定した。しかし、多くのセレブリティーたちは発表を待たずしてこの色の服を着用し始めていた。

 パントン・カラー・インスティテュート(Pantone Color Institute)のリアトリス・アイズマン(Leatrice Eiseman)=エグゼクティブ・ディレクターは、「“クラシック・ブルー”は自然と密接に関わる色。薄暗いミッドナイトブルーは一日が終わる夕暮れ時を思わせる、隠れ家や静けさを探し求めるような色だ」と語っている。

 クラシックブルーはすでに英国王室でもお気に入りの色となっているようで、ケンブリッジ公爵夫人キャサリン(Kate, Duchess of Cambridge)とサセックス公爵夫人メーガン(Meghan, Duchess of Sussex)は、11月7日に別の場所でそれぞれこの色の洋服を着用している。

 クラシックブルーはレッドカーペットでも着用されている。直近では英国ファッション協議会(The British Fashion Council)が12月2日に開催した「ザ ファッション アワード(The Fashion Awards) 2019」の授賞式で、シェイリーン・ウッドリー(Shailene Woodley)が「モンクレール ジーニアス(MONCLER GENIUS)」の“1 モンクレール ピエールパオロ・ピッチョーリ”コレクションのダウンのロングドレスを着用。女優のローレン・ハットン(Lauren Hutton)が着用していた「ジョルジオ アルマーニ(GIORGIO ARMANI)」の花柄の刺しゅう入りベルベットスーツも記憶に新しい。

 ここで、2020年のトレンドカラー“クラシック・ブルー”を着こなすセレブリティー13人に注目したい。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

有終の美もドリスらしく 2025年春夏メンズ速報

「WWDJAPAN」7月8日号は、2025年春夏メンズ・コレクション速報です。表紙と巻頭では、今シーズン最も話題を集めた、ドリス・ヴァン・ノッテン(Dries Van Noten)によるラストショーを紹介します。「ドリス ヴァン ノッテン」として初めてランウエイショーを開催してから、通算129回目を迎える引退ショーを通じて、ドリスは何を伝えたかったのでしょうか。答えは、とても潔くシンプルでした。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。