ビューティ

「アットコスメストア」が来年3月までに台湾の全4店舗を閉店 事業投資の優先順位を検討した結果と説明

 アイスタイルは、台湾におけるコスメセレクトショップ「アットコスメストア(@COSME STORE)」の全店舗の運営を終了すると発表した。微風広場 台北駅店、微風信義店、勤美誠品店、微風南京店の4店舗。閉店は2020年1〜3月を予定している。

 同社は、各店舗とも売り上げは徐々に伸びていたが、景気の減速感が長引き短期間での収益改善が見込めないことから、グループでの事業投資の優先順位を検討した結果であると説明した。現在、海外店舗は台湾のほか香港5店舗、タイ2店舗、韓国1店舗を構えている。

 アイスタイルは今月、中国最大のECサイト「Tモール(T MALLL)」を運営するアリババ(ALIBABA)と協業し、中国独自のベストコスメアワード「アットコスメ ベストコスメアワード ウィズ Tモール」の新設を発表するなど、中国を中心としたアジアでの存在感は高まっている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。