ファッション

ニューヨーク発バッグブランド「マンハッタンポーテージ」がアパレルラインを開始

 ニューヨーク発バッグブランド「マンハッタンポーテージ(MANHATTAN PORTAGE)」は、2020年春夏シーズンから日本でのメンズとウィメンズのアパレルライン取り扱いを開始する。加えて、ハットとキャップも取り扱う。

 同ブランドは19年春夏シーズンに、“アートや音楽などのニューヨークカルチャーをイメージした高感度なアーバン アクティブ ウェアー ブランド”をコンセプトに掲げたアパレルラインを開始した。バッグと同素材のコーデュラナイロンを用いたウエアやパンツ(7000円〜)のほか、大胆な総柄プリントのシャツ(9800円〜)、ロゴプリントを施したカットソー(4000円〜)などをそろえる。

 ハットも同様に、ニューヨークカルチャーをデザインに落とし込んだトレンド性のあるカジュアルなアイテムを提案する。コーデュラナイロンを使用したシリーズ(4200円〜)やサイクリングキャップ(3200円〜)など、さまざまシーンに合わせたスタイルをそろえる。

 本国アメリカでは、19年春夏シーズンにアパレルラインをスタートしている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら