ニュース

フロントマンJQが「グッチ」をまとい登場 Nulbarichがさいたまスーパーアリーナでワンマンライブ

 ロックバンドNulbarichでフロントマンを務めるJQは12月1日、「グッチ(GUCCI)」を着用して、さいたまスーパーアリーナで行われたバンド史上最大規模となるワンマンライブ「A STORY」に臨んだ。

 JQはバンドシーンきってのファッション好きで知られ、ライブのスタイリングは高橋ラムダが担当している。今回のスタイリングも高橋ラムダによるもので、ボンバージャケットと花柄のパンツ、ローファーを「グッチ」で統一。「今回はステージの背景がLEDで、アーティスト達のシルエットが特に目立つことに重きを置いてスタイリングしました。今の気分のちょっと野暮ったいサイズ感とシルエットを、『グッチ』で表現するのがおもしろいかなと、JQと相談しながら決めました」(高橋ラムダ)。

 ライブは、11月に発表したミニアルバム「2ND GALAXY」収録曲の「Rock Me Now」でスタートし、約1時間半で「NEW ERA」などの初期の楽曲から新曲の「Kiss Me」まで22曲をアンコールなしで披露。訪れた約1万5000人のファンを熱狂させた。

 「来てくれた皆さんのおかげで、本当に楽しかったです。やりたいことを語り続けることで、夢見ていた場所に立つことができました。語り続けることは大事です。そして、新たな展望を見ることができました。さいたまスーパーアリーナ公演を終えた今だからこそ、もっとNulbarichの音楽を沢山の人に聴いてもらいたいです。そして、いつか日本を代表するバンドになれたらいいなと思います」(JQ)。

 なお会場では、JQと親交の深いブランド「デラックス(DELUXE)」が制作したスエットのセットアップ(1万6000円)が販売された。