ビューティ

動画追加:花王の情報発信基地がリニューアル “第二の皮膚を形成する”技術の体験スペースに 堀田茜と夏菜が登場

 花王は12月4日、東京・銀座にある情報発信基地ショップ「ソフィーナビューティパワーステーション」をリニューアルし、「ビューティ ベース バイ 花王(BEAUTY BASE BY KAO)」として生まれ変わる。先端技術体験と商品を販売するポップアップスペースとカウンセリングスペースで構成。ポップアップスペースでは、同日から発売する“第二の皮膚を形成する”ファインファイバー技術(積層型極薄膜形成技術)を具現化した「エスト(EST)」のスキンケアアイテムを展開する。

 同ショップは花王のビューティビジネスの情報発信基地として位置づけ、ポップアップ(トライ&エンジョイ)スペースでは、ファインファイバー技術の体験を提供すると共に、商品を販売する。

 3日に開催したオープニングイベントには、タレントの夏菜と堀田茜が登場し、ファインファイバー技術の「エスト バイオミメシス ヴェール」をいち早く体験。「透明で肌になじんで全く違和感がない。ファインファーバーを取った後の肌は水分を含んでしっとり!」と堀田茜が驚くと、夏菜も「一本のファイバーがベールになるのが不思議。取った肌は、保湿力がいつもよりすごい。毎晩使うのが楽しみ」と感嘆の声を上げた。

 「ソフィーナビューティパワーステーション」は2015年に誕生。フロア面積253.8平方メートルに、肌解析技術によるパーソナルレッスンを行う「パーソナルレッスンスタジオ」と「ソフィーナ ボーテ(SOFINA BEAUTE)」「ソフィーナ アルブラン(SOFINA ALBLANC)」「エスト」など各ブランドを取り扱う「トライアンドエンジョイショップ」で構成していた。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら