ニュース

渋谷パルコの「ポップ バイ ジュン」が藤原ヒロシに続く第2弾コンテンツ発表 とんだ林蘭と

 スタイリストの山本康一郎がコミュニケーションデザインを手掛ける渋谷パルコの「ポップ バイ ジュン(POP BY JUN)」は、藤原ヒロシに続く第2弾コンテンツを発表した。第2弾は、コラージュアーティストのとんだ林蘭がプロデュースするライフスタイルブランド「マッドフルーツ(MAD FRUITS)」がディレクションしたポップアップショップで、12月20日からスタートする。会期は未定。

 「マッドフルーツ」は、“見たことがないもの、新しい刺激が生活の中へ 日常と非日常がマーブルに混ざり合う その時作りたいものを形にする、流動的で自由なブランド”。とんだ林の個性を詰め込んだシンプルながら少しエッジの効いたデザインが特徴だ。「ポップ バイ ジュン」とのコラボレーションで実現した初のアパレルラインでは、グラフィックTシャツ(各5900円)やロングスリーブTシャツ(各1万6000円)のほか、インテリアとしても使えるスカーフ(9000円)、PVCのハンドバッグ(1万3000円)、ヴァンパイアのような牙のグラフィックをプリントしたマスク(4000円)などをラインアップする。また、オリジナルアイテムとして、有田焼の豆皿(各3500円)や蕎麦ちょこ(各5000円)、箸置き(各2500円)などに加え、「マッドフルーツ」のオンラインショップで販売する一部の商品も取り扱う。

 オープンを記念し、20日17~20時にとんだ林の来店イベントを行う。

 とんだ林は1987年生まれ。東京を拠点に活動し、音楽アーティストのアルバムジャケットやグッズのデザインのほか、アートディレクターとして、ファッションブランドへ作品も提供する。