ファッション

V(バーチャル)インフルエンサーが続々登場するワケ

有料会員限定記事

 インスタグラムなどのSNS上で、CGとリアルを組み合わせ、まるで本物の人間のように見えるバーチャルインフルエンサー(以下、Vインフルエンサー)が日本で続々と誕生している。160万フォロワーを持つ米国のリル・ミケーラを筆頭とする彼女/彼らは一体何者なのか。(この記事はWWDジャパン2019年9月23日号からの抜粋です)

 「人間より、バーチャルの方が完璧にやりたい世界観を作れるかなって。それに人をマネジメントする難しさもないし」――インスタアカウントから始まったブランド「古着女子」をヒットさせ若手起業家として注目を集める若干23歳の片石貴展yutori社長は、Vインフルエンサー事業を始めた経緯をこう語る。今年2月にデビューさせた葵プリズムは、新宿歌舞伎町のホストクラブや中野のまんだらけ、渋谷の街角などでのロケ写真が多く、加えてギャル語を操るなど、カルチャー色の強さがウリだ。現在のフォロワー数は約1万。「月にVインフルエンサー専門の事務所VIMを設立したあたりから、収入が入るようになっています。儲かっているかって?もう葵プリズムの収入は社長の僕より多いですよ(笑)」。

この続きを読むには…
残り2015⽂字, 画像2枚

この記事は、有料会員(定期購読者)限定です。記事を購入することもできます。

¥100

記事を購入する

プランを選択

定期購読に申し込む

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら