フォーカス

「仮面ライダージオウ」のヒロイン役で注目度アップ ブレイクが期待される女優・大幡しえり

 2018年9月から19年8月まで放送されたテレビドラマ「仮面ライダージオウ」(テレビ朝日系)に、ヒロインのツクヨミ役で出演して、注目を集める女優の大幡しえり。12月21日から公開される映画「仮面ライダー 令和 ザ・ファースト・ジェネレーション」にも出演するなど、今後のブレイクが期待される彼女に “これまで”と“これから”の話を聞いた。

WWD:大幡さんが芸能界に入ったきっかけは?

大幡しえり(以下、大幡):進学しようかどうか迷っていた高校3年生のときに、今の事務所にスカウトされたのがきっかけです。それまでは芸能界に強い憧れはなく、まさか自分が女優という職業に就くとは思ってもみませんでした。事務所に入った当初は「モデルになりたい」という気持ちもあったんですが、演技のレッスンを受けているうちに、演技の奥深さにはまって、それから女優としてやっていきたいと思うようになりました。

WWD:これまでで印象に残っている仕事は?

大幡:1年間という長い期間やらせていただいた「仮面ライダージオウ」です。その期間は初めて一人暮らししたり、アクションにも挑戦したりと、いろいろなことを経験させていただき、すごく成長させてもらいました。演技に関しても現場でセリフが変わることも多くて、事前にきっちりと演技を決め過ぎるよりも、ある程度準備していきつつ、現場では柔軟に対応できるようにする方がいいなと実感しました。共演者も同年代の人が多く、仲良くなれたのもうれしかったです。あと「仮面ライダージオウ」に出演して、子どもだけでなくその親の方だったり、同世代のファンの方も増えたのはびっくりしました。いろいろな年代の人に愛されていた作品なんだと実感しました。

WWD:インスタグラムのフォロワー数は13万1000超えと人気。どんなことを意識している?

大幡:仕事では見れないよりプライベートな部分を発信できればといいなと思っています。ありがたいことに「仮面ライダージオウ」に出演させてもらって、フォロワーさんもすごく増えました。オムライスが好きなので、今後はおいしいオムライス店の情報なんかも発信していきたいですね(笑)。

WWD:ファッションでこだわっていることは?

大幡:上下でコーディネートを考えるのが苦手で、1着でちゃんと見えるワンピースが多いですね(笑)。仕事でいろいろな衣装を着られるのも楽しいです。普段は暗めな色の服を着ることが多いので、今回の撮影できたような赤は新鮮でした。

WWD:美容に関して気をつけていることは?

大幡:基本的なことですがスキンケアでは毎日保湿をしっかりとするように心掛けていて、今はお仕事でいただいた「ライスフォース(RICE FORCE)」を使っています。メイクだと「シャネル(CHANEL)」や「M・A・C」がお気に入りです。

WWD:ヘアスタイルはクールな役柄に合わせて黒髪のロングなのか?

大幡:そんなことはなくて、ずっと黒髪のロングで、ぱっつん前髪でした。まだヘアカラーはしたことがないので、役柄で機会があれば染めてみたいです。あとヘアケアには気をつけていて、サロンでトリートメントしたり、家でもブローする前にヘアミストをつけたり、しっかりとケアするように心掛けています。

WWD:憧れている人は?

大幡:ドラマ「監獄のお姫さま」で共演した満島ひかりさんです。演技の幅も広くて、芯がしっかりとあり、女優としても人としてもすごく尊敬しています。私自身がもっと成長して、また一緒に演技したいです。

WWD:現在21歳になったばかり。20歳を超えて感じたことは?

大幡:自分が思い描いていた20歳のイメージよりも大人っぽくなれていなかったので、少し悲しかったです(笑)。でも20歳の1年間は「仮面ライダージオウ」をやらせてもらって、すごく充実していました。今後はもっといろいろな作品に携われるように、演技力をさらに高めていきたいです。