ビューティ

完全会員制ビューティサロンが“時計遺伝子”に着目したヘアケアを発売

 ヘアメイクデザイナーの田中誠太朗氏が手掛ける完全会員制ビューティサロン「リノ801(RENO 801)」から、“時計遺伝子”に着目したヘアケア「リノ クロノシャルム」が発売された。価格は「リノ クロノシャルム シャンプー」が4500円、「同 トリートメント」が4600円で、公式サイトで販売する。

 ストレスや睡眠不足などによって引き起こされる、体内時計の乱れは、地肌の乾燥や荒れ、髪のパサつきを引き起こす要因の一つとなっている。同ブランドは、時計遺伝子に働きかける成分“クロノシャルディ”をシャンプーに配合。一日の終わりに髪を洗うことで、乱れがちな肌リズムを整え、潤いのある生き生きとした髪を生み出す頭皮環境へと導く。ハッピーベルやキュアベリーなど、約98%天然由来成分のもっちりとした濃密な泡が地肌と髪を優しく洗い上げる。

 トリートメントには、洗い流すときに水に反応して膜化し、コラーゲンやアミノ酸といった成分を髪の内部に閉じ込めて逃さない“アクアマジックシステム”を採用。絶妙なバランスで配合したケア成分とコーティング成分が、しっとりとしたハリ、コシのある髪に。コンディショニング成分“キューティクルケラチン”が髪の強度を高め、健康的で艶のある状態に仕上げる。

 香りは完全会員制サロン「リノ 801」で使用される、独自のブレンドで開発したアロマを再現。“オリエンタルな南国の海辺に咲く鮮やかな花と、青い海、心地よい風”をイメージし、9種類のエッセンシャルオイルにパフュームを加えて設計。ベルガモットの柑橘系の香りに、フランジュパニやイランイランなどの華やかさとクローブのスパイシーさを中心に調合。エキゾチックなフロリエンタル調の香りで、毎日のヘアケアを上質な時間に導く。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら