ファッション

“詩に泊まる”ことができるコンセプトルームが「ホテルシーキョウト」にオープン  詩人・最果タヒとコラボ

 ホテルプロデューサーの龍崎翔子が手掛ける京都のホテル「ホテルシーキョウト(HOTEL SHE, KYOTO)」は12月9日~2020年3月8日、詩人・最果タヒとコラボレーションした期間限定のコンセプトルーム「詩のホテル。」をオープンする。

 “詩に泊まる”という概念を具現化し、最果タヒが書き下ろした詩を部屋にあしらうことで “言葉の宿泊体験”を提案するというもの。内装デザインは、最果タヒの書籍デザインや「ナイキ(NIKE)」吉祥寺店の店舗グラフィックデザインなどを手掛けるグラフィックデザイナー・アートディレクターの佐々木俊が担当する。特別室はツインルーム2部屋とダブルルーム1部屋の全3室を用意する。宿泊代は、1部屋1万2100円~。ホテルの予約専用サイトから受け付ける。

 また「詩のホテル。」の企画に合わせて、最果タヒの詩を女優の青柳いづみが朗読するレコード「こちら99等星」をリトルモアが発売。「ホテルシーキョウト」では、数量限定のサイン入りレコードや、レコード付きの宿泊プランも用意する。

 期間中は、オリジナルのコラボアイテムや、ホテル1階のカフェ「パーラーシーサイド」でスペシャルメニューも発売する予定だ。

村上杏理:1986年、北海道生まれ。大学で日本美術史を専攻し、2009年にINFASパブリケーションズ入社。「WWDジャパン」記者として、東京のファッション・ウイークやセレクトショップ、販売員取材などを担当。16年からフリーランスで、ファッションやライフスタイル、アートの記事執筆・カタログなどを手掛ける。1女児の母

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら