ファッション

コロンビアスポーツウェアの “マザー”、ガート・ボイル会長が死去

 米国本社コロンビアスポーツウェアカンパニー(以下、コロンビア)のガート・ボイル(Gert Boyle)会長が11月3日に95歳で死去した。

 コロンビアの創始者ポール・ラムフロム(Paul Lamfrom)の次女で2代目社長の妻であったガート・ボイルは夫の死後、同社社長の任を引き継いだ。1970年代初頭のコロンビア倒産の危機を救い、“マルチポケットフィッシングベスト”などの商品開発を指揮し、今日のグローバルマルチブランド企業に成長させた。コロンビアの“マザー”として知られる彼女は自ら広告に出演し、ブランドのアイコンとしての役割も果たした。

 同社は「ガート・ボイルのユーモア溢れる人柄と卓越したビジネススキルは、われわれコロンビアスポーツウェアカンパニーの社員に受け継がれ、そして今もなお愛され続けている」とした。

最新号紹介

WWD JAPAN

2021-22年秋冬トレンド特大号 明るい未来に向けて心ときめく服を謳歌しよう

「WWDJAPAN」4月19日号は、2021-22年秋冬トレンドブックです。生活者の嗜好やニーズが細分化され、コロナがその流れに拍車をかける今、それでもデザイナーズブランドの新作をベースとしたトレンドをまとめるのは、半歩先の未来を見るデザイナーたちの視点に価値があるからです。コロナ禍でファッションに心地よさを求めた21年春夏からさらに歩みを進め、“ファッションで心踊らせたい” “オシャレを楽しみた…

詳細/購入はこちら