ファッション

「100%ピュアアウディ」の新型“A1スポーツバッグ”の進化 8年ぶりのフルモデルチェンジ

 アウディ ジャパンは、8年ぶりにフルモデルチェンジしたコンパクトハッチバックモデル“アウディA1スポーツバック(AUDI A1 SPORTBACK)”を11月25日に発売する。

 先ごろ東京・南青山のSHARE GREEN MINAMI AOYAMAで行った発表イベント「ザ オールニュー アウディ A1 スポーツバック プレスカンファレンス(THE ALL-NEW AUDI A1 SPORTBACK PRESS CONFERENCE)」で、フィリップ・ノアック(Philipp Noack)=アウディ ジャパン社長は「進化した点は、ハイクオリティー、快適性の向上、デジタル化した先進的的運転支援システムだ。さまざまな魅力が詰まった“100%ピュアアウディ”と言える。多くの新しい客層に受け入れられるだろう」と自信を見せた。

 95mm長くしたホイールベースによりトランクルームが65L分拡大したほか、前方を走る車や歩行者の動きなど状況に応じて作動する緊急自動ブレーキをはじめとした高度な運転支援システム、11個のスピーカーにより高音質を実現する「バング&オルフセン(BANG & OLUFSEN)」の3Dサラウンドシステムも“アウディA1”として初めてオプション設定するなど、スポーティーなデザイン性に加え、快適なドライブに必要な高いパフォーマンスを追求している。同モデルは2011年の発売以来、世界で90万台を販売した人気商品だ。

 価格は365万円と391万円で、全国126店舗のアウディ正規ディーラーで販売する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら