ファッション

スタイリストの大草直子が「レスポートサック」とコラボ モダンな花柄プリントなど

 「レスポートサック(LESPORTSAC)」は10月30日、スタイリストの大草直子とのコラボアイテムを発売する。大草直子が現代の女性のライフスタイルに寄り添うモダンなデザインを施した5つのシリーズで構成する。

 花柄プリントをあしらった“ボタニカルガーデン”は、今シーズンのトレンドカラーのダークブラウンをベースに、ダスティピンクのロゴカラーでフェミニンな雰囲気を加えた。コスメティッククラッチ(3600円)やバックパック(2万円)、ショルダーバッグ(2万円)などをそろえる。ショルダーバッグは女性の体をシャープに見せるスクエアのシルエットにこだわり、ストラップはコーディネートによって付け替え可能な2種類を用意した。

 同じく花柄モチーフの“モーニングガーデン”は、クリーンな朝を思わせるアイボリーとブルーのトリムカラーを使用し、ラフなタッチで花柄をデザインした。旅行に便利なパッキングセット(1万1500円)やサングラスケース(2900円)などをそろえる。

 シンプルな無地シリーズはダスティピンクの“ビンテージブロッサム”と“ペタルブルー”の2色をそろえる。“ビンテージブロッサム”はボストンバッグ(1万8000円)やショルダーバッグ(1万5500円)などで、裏地には“モーニングガーデン”の生地を使用した。

 ロゴを中央に大きくあしらった“ロゴシリーズ”は、長財布が収納できるポーチがついたマルシェトート3色(各1万7500円)、コスメポーチ(3200円)、タブレットケース(5600円)、PCケース(7000円)など。

 全国の「レスポートサック」店舗と公式オンラインストアで取り扱う。

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら