ファッション

「アナ スイ」がヤナギダマサミとコラボ  “ミルキー”の限定デザインも

 「アナ スイ(ANNA SUI)」は11月13日、日本人イラストレーターのヤナギダマサミとコラボしたコレクションを発売する。同コレクションは昨年にスタートし、クリエイションの原点に立ち返ってデザイナーのアナ・スイの感性や価値観を伝えるプロジェクト「スウィンギング トーキョー(SWINGING TOKYO)」の一貫で、ウエア以外にもスイーツやステーショナリーなどもそろえる。また、全体の監修はスタイリストの遠藤リカが担当した。

 今年のテーマは、19-20年秋冬コレクションのテーマでもあった“ポップティミスティック”。ポップアートとオプティミスティック(楽観的)から成る造語で、着ているだけで気持ちが前向きになるようなアイテムがそろう。ウエアはアームチェアから無数の星が飛び出すグラフィックアート、や魔法のステッキのイラストを施したスエットやTシャツ、靴下などをラインアップ。

 そのほかキュートで毒っ気のあるカラフルなポップアートを全面にプリントしたマグカップやスマートフォンケース、キーホルダー、ポーチ、タオルなどが登場する。さらにキャンドルブランド「ヴィーダフェリス(VIDA=FELIZ)」とコラボし、ユニコーンやチェリーをイメージしたキャンドルやサシェを販売する。アイシングクッキーを手掛ける「ミカリナ(MICARINA)」とは洋服にも登場するイラストを施したクッキーを、不二家とは限定パッケージの“ミルキー”を手掛けた。洋服のみならず、化粧品やスイーツなど幅広いジャンルでのコラボレーションが実現した。

 同コレクションは11月13〜19日、伊勢丹新宿本店本館2階=ザ・ステージと阪急うめだ本店3階で行うポップアップイベントで取り扱い、「アナ スイ」のウエアショップでは11月20日から店頭に商品が並ぶ。

最新号紹介

WWD JAPAN

模索する東コレ21年春夏 デジタル×リアルの突破口

「WWDジャパン」11月2日号は、2021年春夏「楽天 ファッション ウィーク東京」特集です。世界が直面するリアル×デジタルという課題、そして東コレに漂う停滞ムードの打破が期待される中、冠スポンサーの楽天が新たな支援プログラム「バイアール」をスタート。支援対象となった「ダブレット」と「ファセッタズム」はどんなショーを行ったのか、デジタルをどう掛け合わせたのか、どのようにメディアを巻き込んだのか。こ…

詳細/購入はこちら